>

ネット上に広告を出す方法

見てもらえる広告とは

見ただけで、何を販売している会社なのかわかる広告を作ってください。
そこで、商品の写真やイラストを使うと良いですね。
すると文章を読まなくても、どのような商品なのか何となく消費者に伝わります。
それが興味を持つきっかけなので、広告はなるべくシンプルにすることを心がけましょう。

あまり色を使わないことも大事です。
たくさんの色を使うと目立ちますが、内容がよくわからなくなってしまいます。
それでは広告の意味がないので、大事な部分だけ赤い文字で書くなど、少しだけ色を使ってください。
また、ネットに広告を出す場合は料金が発生します。
それでもチラシを作って配布するより安いですし、不特定多数の人に見てもらえる面がメリットです。

ターゲット層に合わせよう

女性向けの商品を宣伝したい時は、華やかなデザインにすることが重要です。
女性は見た目を優先して商品を選ぶ傾向が見られるので、そこもアピールしましょう。
逆に男性向けの商品の場合は、黒や白といった落ち着いた色を使うのがおすすめです。
ピンクや黄色など華やかな色を使った広告では、男性が自分向けではないと思う可能性があります。

さらに、商品のキャッチコピーがあると良いですね。
すると印象に残りやすく、お店で見かけた時に買ってくれるかもしれません。
キャッチコピーがあれば広告で商品を長々と説明しなくても、どのような商品なのか伝わります。
簡潔に商品内容を伝えることに繋がるので、インパクトのあるキャッチコピーを考えましょう。


この記事をシェアする